チベット 本の苑

チベット関連の本の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「ダライ・ラマ、イエスを語る」

降り積もる雪のような日々の仕事とか荷物の発送で、気がついたら12月が去りつつありました。
早いなー、まだまだ11月のつもりだったのに?

ともあれ
Merry Christmas!

ちょうどクリスマスイヴにぴったりの本でした(^^)


ダライ・ラマ、イエスを語る (角川21世紀叢書)ダライ・ラマ、イエスを語る (角川21世紀叢書)
(1998/05)
ダライラマ、Dalai Lama 他

商品詳細を見る


【 続きを読む 】
スポンサーサイト
  1. 2011/12/24(土) 09:32:42|
  2. 仏教&宗教 全般|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ケサル大王

先月から楽しみにしていた映画「ケサル大王」見に行きました。

チベットの英雄叙事詩。一説によれば、インドの「マハーバーラタ」よりも長い、ということは世界一長い叙事詩。チベット仏教圏に広く伝わっており、中央アジアやモンゴルでいまも語り継がれているそうです。

どんな映画なのか、行く前までまったく想像がつかず、
「実在してないケサルをどう撮るの? ファンタジー映画じゃないよね? 全編、仮面舞踊だったりして。いや、それもいいかもなあ」などと思ったりして。

デモで「Free TIBET!」と声をあげる時に思ってるチベットとは少し違う、仏教の難しい話(私には・汗)ともちょっと違う――また別のチベットの一面が楽しかったです。


【 続きを読む 】
  1. 2011/12/11(日) 17:23:13|
  2. 映像・音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。