チベット 本の苑

チベット関連の本の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

未読本の紹介「殺劫 - チベットの文化大革命 -」

殺 劫(シャ-チェ) チベットの文化大革命殺 劫(シャ-チェ) チベットの文化大革命
(2009/10/26)
ツェリン・オーセル著 ツェリン・ドルジェ写真

商品詳細を見る




■ 2010/4/1 感想をこちらにUPしました




チベット「封印された記憶」の真実――。 1966年から10年間、チベット高原を吹き荒れた文化大革命の嵐は、仏教王国チベットの伝統文化と信仰生活を完膚なきまでに叩き壊した。現在も続くチベット民族の抵抗は、この史上まれな暴挙が刻印した悲痛な記憶と底流でつながっている。長らく秘められていた「赤いチベット」の真実が、いま本書によって40余年ぶりに甦る。 本書は、チベット(西蔵)におけるプロレタリア文化大革命(一九六六~七六年)の写真・証言集。
父親のツェリン・ドルジェ氏の撮影した写真と解説、インタビューで構成
(amazonより)


北京在住で、中国政府による圧力にもかかわらず執筆を続けられているツェリン・ウーセルさんの著作。

著者のブログ(中国語)
 ↓
http://woeser.middle-way.net/
スポンサーサイト
  1. 2009/10/25(日) 22:27:10|
  2. 未読本の紹介|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

雑感:恐怖を乗り越えて/講演会 | ホーム | 「中国史のなかの諸民族」

コメント

Re: re:殺 劫(シャ-チェ) チベットの文化大革命

Daysさん

> 土曜日に届いたので、いま読んでます!

こんにちは。もう発売されてたのですね!

前情報を見ながら、ウーセルさんの文章とお父さん撮影の写真、どちらが主体なのだろうな、と気になっていました。
ウーセルさんの著作自体が(確か)初邦訳、そして当時の写真が多いとなると、ますます貴重な本ですね。

もっとも、私はまだよみかけ本を抱えていて(^^;)、こちらを手にするのは先になりそうです。
読了されたら、ぜひ感想をうかがいたいです。

  1. 2009/10/26(月) 22:52:28 |
  2. URL |
  3. りんか #- |
  4. 編集

re:殺 劫(シャ-チェ) チベットの文化大革命

土曜日に届いたので、いま読んでます!
ある意味、写真集なので、紙質が良くて、お買い得。
結構重いです:)
  1. 2009/10/26(月) 12:24:22 |
  2. URL |
  3. Days #q1cvaNjE |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gnamlinka.blog50.fc2.com/tb.php/111-296b734d

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。