チベット 本の苑

チベット関連の本の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「ゆるす言葉」

 (イーストプレス)
ゆるす言葉 (Dalai Lama’s word collection)ゆるす言葉 (Dalai Lama’s word collection)
(2008/08/01)
ダライ・ラマ14世(著)野町和嘉(写真)

商品詳細を見る



「生きること」「思いやり」といった永遠不変テーマをかたるダライ・ラマの言葉集。巻末に、2008年4月の成田での記者会見の様子、チベットの歴史、ダライ・ラマ14世についてのQ&Aを収録。

第一章 思いやり、愛するということ 
第二章 自由と権力 
第三章 祖国・チベットについて
第四章 再生、平和への道




 チベットの風景、そこに暮らす人々をとらえた、光も色も鮮やかな写真。声や音まで聞こえそうな気がします。そして、人がよりよく生きていくためのヒントを、この上なく易しい言葉で綴るダライ・ラマのメッセージ。
 この二つが融け合って、ページをめくるのが楽しみな本でした。好きな写真は、

・東チベットの夏の放牧地。
・法要のあとでツァンパ(麦こがし)を投げて僧侶を見送る人々。
・四川省北部アバ高原を駆ける遊牧民たち。

 一番好きな言葉は、

 自信を喪失してはいけません。
 人間は皆、同じ能力が備わっています。
 「私は価値の無い人間だ」と考えるのは、間違っています。
 全くの誤りです。自己を欺いているのです。
 私たちは誰でも考える力が備わっています。
 これ以上、何が欠けているのでしょうか。


(2009/11/2 読了)
スポンサーサイト
  1. 2009/12/10(木) 22:46:25|
  2. 写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「聖地チベット」展 そのまわりで | ホーム | 雑感:仏教美術をのぞいてみる 2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gnamlinka.blog50.fc2.com/tb.php/116-939095ea

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。