チベット 本の苑

チベット関連の本の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「ブータンの民話」

    (恒文社)

原題「Tales from DRAGONCOUNTRY」。ヒマラヤの仏教国ブータン。国の守護神ともいえる龍(ドゥルック)にまつわる話など、森や湖のある豊かな自然と結びついた民話20編を収録。
     ↓




 神さまや悪魔だけでなく、伝説の半人半獣が現れるのが面白いです(「チョモラリ山のミギョエ」、「ツォメン」)。
 ミギョエは挿絵をみるとイエティのような姿(いや、イエティも知りませんけど・笑)。また、龍や蛇もたくさん出てきます。民話では龍や蛇は水の象徴であることが多いので、水害を避ける願いから生まれた物語なのでしょうか。実際、ブータンは川があふれて橋が落ちたり、家が押し流されるようなこともよくあるようですし。
 水害といえば、湖の守り神にいけにえを捧げるというエピソードは「帰って来た王子」、「魔法の王冠」に共通していました。昔はこういう風習もあったのでしょうか。

 もうひとつ面白かったのは、登場人物たちの性格とお話の結末。怠け者やまぬけな者も、展開によっては意外といい思いをしているのです。
 もちろん働き者も褒められてますが、(働かなくても)気転がきく者や徳を積む者が結局は幸せになるお話が多い。ずるくない? と思いつつも、こういうお話も面白い~。日本の昔話は「正直と勤勉さが何より一番」という前提が多いので新鮮でした。

 気に入ったお話は……
 森の巨人の住処から魔法のお椀を持って逃げ出し、最後には月に登ってしまう「シン・シン・ラモと月」。
 好奇心から住処を離れて帰れなくなった大蛇が、人間に生まれ変わる「二匹の大蛇の物語」。
 悪巧みに引き裂かれる恋人たちを描いた「ガサ・ラマ・シンゲ」。
(2010/3/27読了)

目次

はじめに ―「雷龍の住む国」ブータン―
三つの願い
天空のガンデン寺
ツォメン
借りてきたゴ
ひきがえるのイボ
ガサ・ラマ・シンゲ
豚の頭を持った預言者
モテン・パゴ
モテン・パゴと悪魔帰って来た王子
シン・シン・ラモと月
ロバの耳を持った王様

スポンサーサイト
  1. 2010/12/12(日) 22:25:13|
  2. 周辺地域(インド、ブータン、モンゴル他)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

自由に死す&シンポジウム「ヒマラヤから現代社会を問う」 | ホーム | チベット系映像情報 12月~

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gnamlinka.blog50.fc2.com/tb.php/147-83a42487

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。