チベット 本の苑

チベット関連の本の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

チベットの歴史と文化学習会(第9回)

目当ては「チベット解放の言説をめぐって」。
前から「旧チベットは暗黒の封建農奴制。圧制から農奴を解放してやったから、ありがたく思え」という宣伝文句を聞くたびに、「そんな。単純に端折りすぎではないの?」と違和感があったので、実態について聞きたかったのでした。

なお、むずかしい講義の後にはチベット漫談、楽器の演奏もあって楽しかった。そして、ジェグド地震被災地からの報告も。今回も盛り沢山の内容に堪能しました。スタッフのみなさまに感謝、です。

以下、講義レポートはいつものようにざっくりと。


特別講義「『チベット解放』の言説をめぐって」
講師:大川謙作(社会人類学 日本学術振興会特別研究員)

中国政府は「共産党がチベットを暗黒の封建農奴制から解放した」ことを根拠にチベット統治の正統性を主張する。
しかし、「解放」は何からの解放をさすのか? 「農奴」とは誰なのか?


・「解放」について

「解放」は何からの解放をさすのか?

中国共産党政府は、1950年頃には「諸外国、帝国主義からの解放」を謳っていたが、のちに1959年以降は「封建農奴制からの解放」と言葉をすりかえている。

1950年に配布されていたポスターでは、「チベットを解放しにきた。みなさんの生活に変化はない」としている。
     ↓
1951年の17か条協約によりチベットは主権を失ったが、51~59年の間はチベット政府は存続しており、いわば一国二制度状態にあった。
この間は、中国政府は「旧体制を改革することはしない」方針だった。
     ↓
しかし、1959年以降は方針転換。旧社会を封建農奴制と定義し、階級制度を糾弾するようになった。

この方針転換については、理由が難しくてよくわかりませんでした。
国民のナショナリズムを煽ると、中国がチベットから出て行かなくてはならない理屈になるので、むしろ階級制度を糾弾させたい意向だった。

……こんな感じだと思うのですが。


・「農奴」について

「農奴(シンテン)」という単語は、漢語の「農奴」の音を表記した言葉にすぎない、造語。
旧チベットでは使われていない言葉なので、これによって当時の制度を捉えようとするのは、意味がない。
旧チベット社会では、「ミセー」という言葉が使われた。

では、ミセー=農奴であったのか?

ミセーは、
旧チベットの人口の80~90%を占める庶民であり平民(僧侶でなく、貴族でない身分)。
所属をあらわす言葉。(例えば、学生であれば○○大学のミセーである、など)

中国はこれを「農奴」ととらえているが、実態をみれば、=(イコール)であるとは言えない特徴がある。

・人身貸借制度 申請をして現金を払えば、移動と職業選択が可能だった。
・逃散 荘園から逃亡、三年逃げ続ければ、政府のミセーとなる。彼らはある程度の自治を認められている。
・税 チベット政府に直接納める税と、個々の荘園領主に直接収める税。この2種類があった。
・多様な身分 ミセーは農民ばかりではない。遊牧民、商人、外国人も含まれる。

また、チベットの荘園には政府領、貴族領、寺領の3種類があったが、支配条件には共通点がある。  

・交通が未発達であった。
・広大な土地に対して人口が少ないため、慢性的に働き手不足だった。
・同じく、土地が広いので警察など監視機関がなかった。(この項は記憶が曖昧)

    ↓
そのために、土地ではなく人を支配することが大事(土地を介して人を支配する、という封建制とはちょっと違う)
そして、ミセー支配の基本は不干渉主義(上のような状況では厳しい監視や取締りは無理)      


旧チベットの制度は中世ヨーロッパやイスラム封建制と似ている点もあるけれど、上のような特徴はチベットに独特。農奴制ではなく、ミセー制度などと呼ぶ方が適当。

――こんなお話でした。


中世ヨーロッパと旧チベットに類似点がある、というのは初耳でした。
あちら(ヨーロッパ)も好きだったので、また勉強してみようかな。



当ブログのテーマからははずれますが、覚書も兼ねて。

中世ヨーロッパの農民や領地制度について。初学者にも楽しかった本です(^^)
「封建」とか「農民」といっても、地域によって実態はずいぶん違うことはすぐわかります。

中世ヨーロッパの農村の生活 (講談社学術文庫)中世ヨーロッパの農村の生活 (講談社学術文庫)
(2008/05/08)
F. ギースJ. ギース

商品詳細を見る

原題「Life in a Medieval Village」。中世ヨーロッパの人口の大多数が生きていた場所である農村。その生活、社会の様子をイングランドの一農村・エルトンに焦点をあてて描く。

<目次>
プロローグ エルトン
第一章 農村の誕生
第二章 エルトン誕生
第三章 領主
第四章 村人たち――その顔ぶれ
第五章 村人たち――その生活
第六章 結婚と家族
第七章 働く農村
第八章 教区
第九章 村の司法
第十章 過ぎゆく中世

中世ヨーロッパの城の生活 (講談社学術文庫)中世ヨーロッパの城の生活 (講談社学術文庫)
(2005/06/11)
ジョゼフ・ギ-スフランシス・ギ-ス

商品詳細を見る

11世紀半ば、イギリス ウェールズに建てられた古城チェプストー城を例にあげて、中世ヨーロッパの城と領主たちの生活、城を支えていた周辺の村の生活を描く。

<目次>
城、海を渡る
城のあるじ
住まいとしての城
城の奥方
城の切り盛り
城の一日
狩猟
村人たち
騎士
戦時の城
城の一生
城の衰退


さらに脱線しますが。
「中世って、別に暗黒でも何でもないのでは?」と考えるきっかけになった本。

中世とは何か中世とは何か
(2005/03)
J.ル=ゴフ

商品詳細を見る

ヨーロッパ中世史家である著者が、現代ヨーロッパを生み出した源の文明である「中世」について語る。漠然と歴史区分として名づけられる中世ではなく、そこに息づいていた思想や感性、また歴史の捉え方について対話形式で書かれている。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/19(月) 16:44:44|
  2. イベント|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

チベット系映像情報 8月~ | ホーム | チベット系映像情報 7月~

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gnamlinka.blog50.fc2.com/tb.php/148-69f2ca10

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。