チベット 本の苑

チベット関連の本の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「チベット史ものがたり」

(日中出版) C・ギブ 著 小川英朗 訳


チベット史ものがたり (チベット選書)チベット史ものがたり (チベット選書)
(1989/01)
クリストファー ギブ

商品詳細を見る

原題「The Land of Snow」。チベット人の子供向けに書かれた、チベットの歴史や文化についての本。前半は紀元前からダライ・ラマ7世の即位までのチベットの歴史、後半の農村の生活の紹介では、ラモという少女の目を通して山の自然や祭事、巡礼などの様子が描かれている。

第一章 初期の頃
第二章 チベット帝国
第三章 宗教
第四章 モンゴル人とラマ
第五章 ダライ・ラマ法王の起源
第六章 権力を握るダライ・ラマ法王
第七章 日常生活


 あとがきによれば続編でチベット現代史を扱う予定、とのことですが、2008年現在、続編は出ていないようです。
 子供向けのやさしい語り口なので、気楽に読み進むことができます。大人の読むチベットの歴史の入門編としてもおすすめです。少々、イラストが怖い(笑)けれど。
 残念ながら絶版になっているようですので、図書館などでご覧になってみて下さい。

 掲載されている写真はH・ハラーによるもの。モンラム・チェモ(大祈祷祭)、市場の様子が写されています。 (2003/3/31読了 2008/8/31再読)
スポンサーサイト
  1. 2008/08/31(日) 20:32:26|
  2. 文芸・民話|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

雪の下の炎 | ホーム | 雑感:北京オリンピック閉幕

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gnamlinka.blog50.fc2.com/tb.php/35-09d511ce

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。