チベット 本の苑

チベット関連の本の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

雑感:仏教をちょっとのぞいてみる 1

 渋谷でおこなわれた、石濱裕美子先生の講座に行ってきました。
 久々の学生気分に浮かれて、新しいノートを購入。お菓子も忘れずに。←いや、ほら、頭使うから糖分補給しないと(笑)。

 知らないことばかりで、楽しかったです。
 鬼が抱えた六道転生図はブータンの本を見て気になっていたので、説明を聞くことができたのが収穫。
「これは覚えといて」といわれた基本的仏教用語もひらがなでメモ、メモ(だって、読み方がわからなくなるから)。本で読んだことはあっても、やっぱり雑談も含めて説明してもらう方が覚えやすい気がします。

……と、この程度の雑感をブログに書く必要はないと思っていましたが。思い立って、自分の覚書をさらしてみることにしました。
「仏教の予備知識がまったく無い人間が、半年でどこまで進歩するか」を見物していただこうというわけ。

 勘違いがあっても本人はまだ気づいてません。
 ちゃんと正しい内容を知りたい方は、石濱先生のサイトや法王事務所のサイトへどうぞ(リンク参照)。また、仏教徒でいらっしゃる方にはご不快かもしれませんが、ご寛恕のほどを。

 でも、「いくつになっても勉強したい!」という方への励ましになれば幸いです。

 ……すっごい励みになると思います、アホすぎて(笑)。



「チベット仏教世界の歴史的展開」 第一回「チベット仏教が知識人をひきつける理由」
歴史の話なので、これで「仏教をのぞいた」ことになるのかわかりませんが。入門者なのでひとまず良しとして下さい。これ以上、仏教色が濃かったらついて行けません。

*六道輪廻図の説明

鬼?(=時間をあらわす)が抱える円の中に、天国、人間界、餓鬼の世界、地獄、動物界、修羅の世界が描かれていて、生き物はこの中にとらわれて輪廻している。

この輪廻の輪から抜け出すことが仏教のテーマ

輪の外には仏がいる(描かれている月は仏の境地を表す)
仏になることもできるのに、あえて輪の中にとどまっているのが菩薩。

*釈尊のよる仏教の誕生&アショーカ王による仏教の伝播

釈迦族の王子として生まれて裕福に暮らしていたシッダールタが、四人の人の姿(老、病、死、生)を見て出家。覚りを開いて、教えを広める。その死後、弟子たちによって教えがまとめられる(第一次、第二次仏典結集)。

この第二次仏典結集の施主であったのがアショーカ王。
若い頃は残虐を極めたが、のちに仏教に目覚めて仏跡巡礼を行い、勢力圏下に仏教を広めた。

仏教はインドから東南アジア、中国、日本などへ伝わる。
仏の教えは私利私欲を戒めるもので、国の安定に効果があったと思われる。

釈尊もその弟子たちも、施主である王侯貴族も裕福な人々。もとは、仏教は知識人、富裕層向けの教えであった。


 初回はこんなお話。
 早速、わからないことがぼろぼろぼろ、と溢れてきました。これまで「できれば、避けて通りたい」と、調べなかったことばかり。

「お釈迦様、釈尊、仏陀、シッダールタは同じ人?」

 まさか、さすがにここから質問するわけにはいかなかったので、これは帰ってから確かめました(^^;)。

「人間も輪廻の輪から出て、仏様になることが可能」
「みんながそうなるまで、菩薩は輪の中にとどまっている」


 ですよね。つまり、

「お釈迦様は仏様になった。でも、仏様イコールお釈迦様ではない」
「仏様はたくさんいる」


 ってことですよね

 ダライラマ法王は観音菩薩の生まれ変わり、とされていますが、ひょっとして、「菩薩」もたくさんいるということ? そして、「如来」とは、いったい……

 どうやら私は「個人を指す言葉なのかor漠然とした存在を示す言葉なのか」、「一人なのか複数なのか」がわかってない。

 六道輪廻図は面白かったです。
 一番ましな「天国」も、しょせんは輪廻の中の一状態にすぎないってことで。仏となってそこから抜け出るのは次元が違うほどに素晴らしいこと、と目で見てわかるようになってるんですね。

 安楽な生活を送る裕福な人にも悩みはある(贅沢だと思うけれど)。そうなると、桁違いのものに心惹かれたのだろうなあ、アショーカ王。

 それにしても、「餓鬼」に近い暮らしをしていた庶民の心を、仏教はどうやって捉えたのだろう? 「来世はいい暮らしかもしれないぞ」という希望だったのだろうか?
 この点、キリスト教の方が受けはよさそう。だって「貧しいものは幸いである」だから。


 ……こんな具合で、初回終了。
 普段、使わない脳みそ使って草臥れたので、チョコレートケーキを食してから帰る。

 さて、果たしてこれから半年やっていかれるのか? 次回、11/15に続く。はず。
スポンサーサイト
  1. 2008/10/19(日) 21:09:53|
  2. 雑感|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

雑感:代官山にて ~ バター茶をどうも | ホーム | 風の馬 -ルンタ-

コメント

返信

10/21に拍手コメント下さった方へ

ご覧になっているかどうか、わかりませんが。

bTibetにもたくさんの方が行かれたようですね。
ハシゴは無理! と思っていましたが、良い機会なので私も一度参加してみようと思います。

お立ち寄り下さって、ありがとうございました。
  1. 2008/10/22(水) 22:03:25 |
  2. URL |
  3. りんか #195Lvy4Y |
  4. 編集

Iさん>

こんにちは! セミナー、緊張しますけど面白かったですね。

我ながら情けない記事ですが(笑)、こんな人もいるんだなー、と気楽になって頂けたら幸いです。
あ、間違えているところがあったら、教えてやって下さいませ。

私も好きなところを楽しみつつ、わからないことがあったらどんどん調べよう、とマイペースでチベット応援してます。

また、来月を楽しみにしましょう~。
コメントありがとうございました。
  1. 2008/10/20(月) 22:14:19 |
  2. URL |
  3. りんか #195Lvy4Y |
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/10/19(日) 23:58:39 |
  2. |
  3. # |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gnamlinka.blog50.fc2.com/tb.php/43-9e8c4824

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。