チベット 本の苑

チベット関連の本の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

雑感:地球儀をながめる

新年おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

正月休みに地球儀型のジグソーパズルを作りました。まったく知らなかった国や場所が多いことにあらためて気づきました。
反対に、一般的にはあまり有名でなくてもすぐわかる地名も。ティンプーだのラホールが載ったピースは即決。ラサは……有名だよね?

写真が多いので、動作が遅くなったらすみません。



チベットとダラムサラ
チベットとダラムサラのツーショット(?)を狙いました。
ラサは見にくいですが、何とかわかりますか? 「ヒマラヤ山脈」の文字の少し右。四つのピースの境目のところ。
ダラムサラはさすがに描かれていませんが、デリーとラホールから大体の場所はわかります。「ラホール」の「ホ」の辺りでしょうか。

ert_tibetseito.jpg
チベット高原全体と成都まで。
チベット本土へ旅行された方なら、イメージ湧くでしょうか。
(ところで、このパズルの色は実際の自然環境とは違います。シベリアが緑豊かに塗られてますから。でも、山脈とか砂漠はこんなものかと。ピースが断層みたいになってますが他意はない・笑)

パズルを作りながら思い出したのが「セブン・イヤーズ・イン・チベット」。
まだ少年のダライ・ラマとH・ハラーが世界地図の勉強をするシーンで、都市名(だったか?)のカードをとんでもない場所に置いてブラッド・ピットの呼吸を止めそうになってましたよね。
もうまったく、このまんま。「モンバサ」を南米大陸に置いてみたりして(正しくはアフリカ。でも、何だかスペイン語っぽい地名じゃないですか)。
それに、世界中に「ビクトリア」「プリンスうんたら」があって、かつての英国の頑張りぶりには泣かされました。

さて、今年はどんな一年になるでしょう。
以下は、私個人の関心事ですが。

当然ですが、

ert_japan.jpg
生活がかかってますから。

日の出の太陽の目線(?)で撮ってみました(ちょっと近すぎ)。
ついで、チベット、中国、インドは当然。

最近の問題といえば、こことここでしょうか。

ert_ju.jpg

ert_africa.jpg

もう少し視野を広げますと。
ert_northpo.jpg
アメリカ大陸の人が思う北極海。

ert_northpo2.jpg
ユーラシア大陸の人が思う北極海。

ここも。
ert_carib.jpg

地球に住むのは人間だけじゃない。

ert_southpo.jpg
ペンギンが好きなので、ここも大切。

また、出来上がった地球儀をぐるぐる回していましたら、こんな半球があることに気づきました。

ert_sea1.jpg

全面、海!(右側の白い部分は障子の映りこみ)

……でも、そこにはまるで星座のように小さな島々が点在しているのです。
ert_sea2.jpg





思えば。ほんとうに、世界中が問題だらけなんですね。
こんなにあちこちに、同じように関心を持ち続けるのは私には不可能です。
でも、忘れずにいることくらいはできるかも。

ちなみに、これは古い地球儀。1970年代半ばくらいのものだと思います。
若い方が見たらびっくりだろうから、載せてみます。

ert_old1.jpg
ソビエト連邦、健在。でかい。

ert_old2.jpg
ヨーロッパもこんな風でした。

世界は変わってるんだ~。
スポンサーサイト
  1. 2009/01/03(土) 20:03:51|
  2. 雑感|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

LEAVING FEAR BEHIND上映会の追加 | ホーム | 年末&チベットへのキックオフ

コメント

epeaさん>

ご連絡ありがとうございます。
お尋ねしたいことがあるので、のちほどブログへ寄らせていただきます~

>えっ、青海湖もありましたか? スバラシイ!

ありましたとも! でも、ラサと同じくピースの切れ目になってまして。
「あと、5mmずれていればよかったのに!」と訳のわからん口惜しがり方をしてました(^^;)。
  1. 2009/01/14(水) 23:17:15 |
  2. URL |
  3. りんか #195Lvy4Y |
  4. 編集

りんかさん、さっそくご承諾いただきありがとうございました。
ページを作ってみましたので、よかったらご確認ください。
「Pages」下の「チベット文化 リンク集」です。

本当は仕組みとして、管理人がしこしこ作るだけではなくて、
リンク集は投稿の形で誰もが自由に書き足していけるのが望ましいと思い、そういうことができるプラグインがないかな~と探し回っていたのですが、どうにもシンプルでよさそうなものが見当たらないままに時間が過ぎてしまった訳です。
りんかさんのこのサイトみたいに、気長に作っているようでいて「いつのまにかこんなに蓄積が!」といえるようなサイトを目指したいです。
これからもいろいろ教えてください、よろしくお願いいたします。

> ついラサとか青海湖を探してしまいました(^^)

えっ、青海湖もありましたか? スバラシイ!
  1. 2009/01/14(水) 02:22:37 |
  2. URL |
  3. epea #- |
  4. 編集

いよいよですね

epeaさん>

新年明けましておめでとうございます。
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

>パズル
ついラサとか青海湖を探してしまいました(^^)
同じメーカーで木星や月面などもありまして、木星のサーモンピンクのガス雲もとっても美しかったですよ~。

>『雪の下の炎』宣伝サイト
着々と準備が進んでいらっしゃいますね! すっきりした構成につい見惚れてしまいました。
リンクもどうぞ繋げてください。デビューの頃にこちらからもリンクさせて下さいませ。

今週後半がいよいよ店頭での発売開始ですね。
復刊運動については私は後半くらいしか存じ上げないのですが、ほんとうにお疲れさまでした。
mixiの皆さまのご協力をいただけて、もっともっとたくさんの方にパルデンさんの言葉が伝わるといいですね。
これからも、ちょっとずつ進んで行きましょう~。

コメントありがとうございました!
  1. 2009/01/12(月) 20:27:11 |
  2. URL |
  3. りんか #195Lvy4Y |
  4. 編集

あけましておめでとうございます

わ~ すごい力作! 平らなパズルかと思ったら、こんな地球儀型のものがあるのですね、おもしろい・・・!

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

『雪の下の炎』宣伝サイトのことで、りんかさんにご相談したいと思いながら、たちまち時間が過ぎてしまいました。ごめんなさい。
りんかさんの『チベット 本の苑』にリンクを張らせていただきたいのですが、よろしいでしょうか。できましたらその後に、mixiのトピックでデビュー(?)して、「こういう風に皆さんのところとリンクしたいので、ご協力ください!」と、宣伝してみたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。
  1. 2009/01/12(月) 15:26:20 |
  2. URL |
  3. epea #pcEsqDro |
  4. 編集

いとし~さん>

こんばんは!
楽しいパズルでしたよ。でも、私は不器用なので、世界各地に天災を与えてしまいました。
地盤沈下、山脈崩壊……(^^;)

>ノーベル賞受賞の益川教授
いったい何の研究だろう、とニュース検索しましたが、受賞内容より「英語は苦手」という記事の方がはるかに多くて苦笑しました。
でも、「地球の歴史からしたら」なんて言葉がさらっと出るのは、さすが違いますね~。

>スペースシャトル目線
なるほど、宇宙飛行士になったつもり、ですね。身のこなしも、心も軽くなるでしょうか。

UPした写真以外に、パズルが強い日光を浴びたところも撮りました。
「こちらが昼で、こちらが夜」と、ここでも「セブン・イヤーズ…」ごっこです。

コメントありがとうございました。
  1. 2009/01/05(月) 23:42:34 |
  2. URL |
  3. りんか #195Lvy4Y |
  4. 編集

こんばんわ~。すごい!写真がいっぱい!!
地球を何回転もした気分になりました(笑)。
こんなジグソーパズルがあるんですね~。
(ってそんな所に感心している場合じゃないですけど…)

先日ノーベル賞受賞の益川教授が「地球の歴史からしたら、キリストが生まれたのは、ほんの最近のこと。その教えなど僕の心の中には入ってきません。」という趣旨のことをおっしゃってました。なるほど一理。
自分の中で何かが煮詰まってきたら、スペースシャトル目線で地球をみるのもいいかもしれませんね。
  1. 2009/01/05(月) 00:10:20 |
  2. URL |
  3. いとし~ #Pe0og0Jg |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gnamlinka.blog50.fc2.com/tb.php/56-f66fb546

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。