チベット 本の苑

チベット関連の本の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「チベット遠征」

(中公文庫BIBLIO) S・ヘディン 著   金子民雄 訳


チベット遠征 (中公文庫BIBLIO)チベット遠征 (中公文庫BIBLIO)
(2006/01)
スヴェン ヘディン

商品詳細を見る

原題「Erovringstag i Tibet」。著者はスウェーデンの探検家。1893年からチベット入国を試み、断念せざるを得なかった二回の遠征の様子、そして1908年に許可を得て第三次遠征隊がヒマラヤ山岳地帯を横断した旅を、著者の挿絵とともに記録したもの。


 まず、挿絵がとても雰囲気があってすてきでした(もちろん本文にも大きな楽しみがありましたが)。
 前半、失敗に終わった二回の遠征の章では、闇や風、野生動物の群れといった風景を中心に描かれています。後半はタシルンポの寺院と僧侶の姿が多く描かれています。入国を許され、監視つきながら旅を続けてチベットの風俗をじっくり観察できるようになったためでしょうか。人物や祭事の様子が細かく描かれています。

 訳者あとがきによれば、この本は1927~35年の第四次探検行の資金集めという目的もあり、特にアメリカの読者を意識して書かれた、とのこと。読み物としての面白さ、わかりやすさを重視しているようです。
 隠者やモルモットを襲う熊の描写など、ちょっと想像力働かせすぎだなあ、と感じることもありましたが、当時の探検物語を読むつもりで楽しみました。

 文章と挿絵のとりあわせ、というのは、私にとっては至福の本。気に入った挿絵は「狼に追われる野生ロバ」、怒ったヤクのスケッチ数枚、従者の肖像数枚、「騎乗するチベット人」「タシルンポの寺院都市の街路」「タシルンポの新年祭」など。(2007/1/20読了)


目次

チベットへの最初の潜行
未知の国
モンゴル人と盗賊
チベットの中心部へ
変装してラサへ
カムバ・ボンボの捕虜
禁じられた国への再征
無人地帯の三ヶ月
遊牧民の故郷
トランスヒマラヤを越えてシガツェへ
タシ・ルンポの新年祭
タシ・ラマと彼の寺院都市
神秘的な僧院
ブラーマプトラ川の水源と聖湖
インダス川水源の発見
殺人的な冬の旅
スポンサーサイト
  1. 2008/04/19(土) 17:35:54|
  2. エッセイ・旅行記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「チベット」 | ホーム | 「活仏たちのチベット  ダライ・ラマとカルマパ 」

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gnamlinka.blog50.fc2.com/tb.php/8-9c732b6b

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。