チベット 本の苑

チベット関連の本の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「中国文明の歴史」

中国文明の歴史 (講談社現代新書)中国文明の歴史 (講談社現代新書)
(2004/12/18)
岡田 英弘

商品詳細を見る



神代から始まり、秦、唐、元、清そして現代にいたるまでの中国文明の歴史。その中で「中国人」とは誰か、「中国」とは何か、その実体像を語る。

序章  民族の成立と中国の歴史
第一章 中国以前の時代 - 諸民族の接触と商業都市文明の成立 -
第二章 中国人の誕生
第三章 中国世界の拡大と文化変容
第四章 新しい漢族の時代 - 中国史の第二期 -
第五章 華夷統合の時代
第六章 世界帝国 - 中国史の第三期前期 -
第七章 大清帝国 - 中国史の第三期後期 -
第八章 中国以後の時代 - 日本の影響 -



 ずいぶん前に読み終えていたのですが、感想をどう書くか迷ってました。

 ものすごく面白かった。これまで中国史の本をいくつか見ましたが、世界史の中の中国史、というイメージが掴みやすかったです。
 しかし、同時に「これを丸まま飲み込んで覚えていいのかな?」と不安になるほど大胆な論調。著者は中国だけでなく日本史の本も書いておられるようですが、こちらも過激な宣伝文句がついたり、書評を見るかぎり相当にシニカルな内容みたいです。

 そんなわけで、とりあえず一読してみた感想なので見当違いなところもあるかも。

 まず「中国」「中国人」の定義に驚きました。

 「中国」は洛陽を中心に広がる商業都市網としてはじまり、「中国語」は異民族が市場で話す片言からはじまった、とか。
 「中国人」とは文化上の概念であり、人種(?)としては多民族の混合。そして、現在の「漢族」とは法規上のもので、「どの少数民族にも属さない」くらいのものである、とか。
 中華思想とは、北宋(もとは北方民族の子孫)の、新興北方民族へのいわば負け惜しみから生まれた思想である、とか。

 ……あれもこれもどれも意外(一冊だけ読んでもわかるものでもないので、まだまだ勉強しますが)。
 地域としての『中国』って、「中」華人民共和「国」の『中国』とは違うではないですか。漢も宋も清もひっくるめて「中国四千年の○○」って文言はずるくないですか(笑)


 俸給など経済がらみのことにも触れてありました。
 北宋の頃から官僚は無給であり、収入は地位を利用して適当に稼ぐものだった(賄賂もOK)、とか。
また、明の末期。戦費は皇帝持ちで、将軍や大臣は戦争が続くほど得をするので後金との戦争が長引いた、とか。

 戦費といえば、武具も糧食も行軍の諸費用すべて、ですよね。こういうものは日本やヨーロッパの武士や騎士のように自分で賄うものだと思っていました。皇帝が支給するというのは「剣一本にいたるまで皇帝の持ち物」のような感覚だったのでしょうか。税金、高かっただろうな。
 無給というのも意外です。異文化だ、としみじみ感じて興味深かったです。

 そして、この本で一番特徴的なのは、漢字の使われ方や「中国語」の変遷を時代とともに追いかけていること。

 表意文字である漢字はさまざまな民族の言葉に対応することができて、漢字を読むと、どの日常言語からも乖離した言語ができあがる。
 秦の頃にはタイ語系言語を基層にしていたのが、南北朝時代にはアルタイ系の言語に変化する。
 元の時代になって漢字を使わない新北族に政治の本流が移っていくと、漢字以外の文字(パクパ文字、ウイグル文字など)と漢字の両方が使われるようになる。

 言語学の知識がないので詳しくわかりませんが。それでも、漢字と各民族の関係が、うっすらと見えたような気がしました。

 いろいろ疑問だったのです。
 どうして「フビライ汗」(これも変な書き方ですよね)が「元朝」を建てるの? せっかくチベットからパクパさんを呼んで字を作ってもらったんだから、がんがん使いたかったのではないの?(これはあまり普及しなかった、と本文にありましたが)

 さらに、日本人は漢字混じりの日本語で読むから、なおややこしいわけですね。地名だの人名は、もしかしたらモンゴル語とか満州語とか、少なくとも英語で音読する方がわかりやすいのかも。読めませんが(^^;)

(2009/6/15 読了)
スポンサーサイト
  1. 2009/09/30(水) 22:36:34|
  2. 周辺地域(中国)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

芸術フォーラム 第二回 | ホーム | 芸術フォーラム第一回 そして タシデレ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gnamlinka.blog50.fc2.com/tb.php/92-ac8d873d

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。